事務所の選び方

報酬率と返還率

報酬率の低さに潜む落とし穴

依頼する側からすれば、報酬率は当然低いほうが良いのですが、ちょっと待って下さい!
例えば140万円の過払い金が発生している場合・・・

司法書士事務所A 報酬率(返還額の) 10% 返還額80万円
司法書士事務所B 報酬率(返還額の) 20% 返還額140万円

どちらの司法書士に依頼をするほうが良いですか?
報酬を差し引いた、あなたに戻ってくる金額を出してみましょう

・司法書士事務所A:返還額80万円-報酬8万円→あなたに戻ってくる額=72万円
司法書士事務所B:返還額140万円-報酬28万円→あなたに戻ってくる額=112万円
40万円もの差額が生じます。

※報酬率の安さだけを見て司法書士事務所を選んでしまうと、戻ってくる金額に大幅な違いが出てしまうことがあります。

ポイント1

報酬率の低さだけに惑わされない!
返還率の高さは、交渉力の高さ!

司法書士事務所A 報酬率(返還額の) 10% 返還額80万円
司法書士事務所B 報酬率(返還額の) 20% 返還額140万円

上記の通り、司法書士事務所によって返還額は異なります。

・司法書士事務所A返還率:約5.7割
・司法書士事務所B返還率:10割
※過払い金140万円発生時

この返還率の違いは、司法書士の業者への交渉力の高さにより生じます。

業者側は、支払う過払い金はなるべく少なくしたいですし、返済してもらう借金はなるべく多いほうが良いに決まってます。
それに対して、過払い金をなるべく多くしたり、返済する借金の額を少なくする交渉をするのですから、交渉力の高さによって、返還額に違いが出るのも当然といえます。

ポイント2

業者への交渉に強い、返還率の高い事務所を選ぶ!

司法書士 山田事務所について


債務整理無料相談受付中 無料相談会の詳細はこちら

沼津で債務整理のご相談は当事務所にお任せください!