40代女性の任意整理の解決事例(今後の利息を無くし、月々の支払い額を減額できたケース)

ご相談時の状況

状況 銀行:2行、信販会社:2社、消費者金融:1社
総債務額 約170万円
月々の支払額 約7万5,000円

ご依頼者は、銀行2行のカードローン及び信販会社2社と消費者金融1社のキャッシングを利用しており、総債務額は約170万円で、月々の支払額は約7万5,000円という状況でした。

月々の支払額が、パート月収とほぼ同額であることから、月々の支払額と支払総額の減額を希望して来所されました。

任意整理後の状況

結果 今後の利息を免除
債務総額 約170万円(適正な金利であったため)
月々の支払額 約2万7,100円(約4万7,900円の減額)

ご依頼者が利用していた借金は、全て適正な金利に基づくものでしたので、借金の総額自体が減額されるということはありませんでした。

しかし、司法書士が代理人として交渉した結果、今後の利息は全て免除とし、月々の支払額を約2万7,100円まで減額させることが出来ました。

これは、月々の負担額のみでなく、支払い総額からみても大きな減額を得ることが出来たと言えます。

 

 

※ 司法書士は、1社毎の元本が140万円以内であれば、代理人として任意整理が可能です。すなわち、1社が元本で140万円以内であれば、複数社の合計が140万円を超えていても、代理人として交渉が出来るということです。仮に1社あたり140万円を超えている債権者がいる場合,弁護士と共同で受任致しますのでご安心下さい。

※ なお、元本が140万円以内であれば、遅延損害金を加算した金額が140万円を超えていても代理人として交渉可能です。

※ 自己破産や民事再生(個人再生)に関しては、代理人として交渉する必要がないことから、1社あたり140万円を超えていても書類作成を受託することが可能です。


債務整理無料相談受付中 無料相談会の詳細はこちら

沼津で債務整理のご相談は当事務所にお任せください!