20代男性の個人再生の解決事例(自己破産を選択できなかったケース)

依頼者

性別 男性
年齢 20代
総債務額 約450万円
住宅ローンの有無 無し

申立から再生計画認可決定までのスケジュール

個人再生申立て 平成XX年5月
再生手続開始決定 平成XX年6月
再生計画認可決定 平成XX年10月

本来、自己破産できれば、そうすべき方でしたが、破産法上の免責不許可事由(浪費等)が顕著であり、自己破産を選択できなかった方です。

月々の支払原資の確保が最大の焦点でしたが、通常と異なる方法によって、裁判所に納得して頂き、無事に認可決定を頂くことができた事件です。

借金は100万円に減額され、無理のない生活を送ることができるようになりました。


債務整理無料相談受付中 無料相談会の詳細はこちら

沼津で債務整理のご相談は当事務所にお任せください!