40代男性の過払い金請求の解決事例(合計で200万円以上の過払い金を回収したケース)

ご相談時の状況と結果

状況 消費者金融:4社(完済済み)
過払い金返還額 約231万円(3社から回収)

過去に消費金融4社を利用しており、既に完済している方です。

1社は完済から既に10年が経過しているため、時効で回収出来ませんでした。

他の3社の内、2社は示談と訴訟によりスムーズに回収が出来ました。

しかし、最後の1社については、利息の計算方法に争点があったことから、相手方業者が代理人として弁護士を選任してきました。

訴訟手続きの中で丁寧に主張したことにより、裁判官に有利な心証形成をして頂くことが出来たことから、勝訴的な和解により解決することが出来ました。

結果としては、3社で合計約231万円の回収が出来ました。

 

※ 司法書士は、1社あたり140万円以内の過払い金返還請求については、代理人となることができます。すなわち、1社あたり140万円以内であれば、複数社の合計が140万円を超えていても示談交渉や訴訟代理をすることが可能です。

※ 仮に計算した結果が140万円を超えている場合でも適切な弁護士と連携しておりますので、ご安心下さい。

 


債務整理無料相談受付中 無料相談会の詳細はこちら

沼津で債務整理のご相談は当事務所にお任せください!